朝弱い方必見! 早起きの習慣を身につける方法!

Uncategorized

こんにちは、ゆーへいです

朝活をしようと思っても、いつもギリギリまで寝てしまう
休みの日も朝から活動したいけど、結局寝過ぎてしまう

こんな経験は誰でもあると思います。
僕自身も朝が苦手で、何か予定がないと
「あと5分だけ」
とズルズルと寝てしまっていました。

そんな僕ですが、いろいろな事を試してみて最近は朝活のために毎朝6時頃には起きれるようになってきました。
僕がどのようにして朝起きれるようになったのかを紹介したいと思います。

早く起きると体力が持たないという勘違い マインドを変える

僕は以前、昨日も寝るのが遅かったからギリギリまで寝なきゃ午後眠くなっちゃうと思っていました。
しかし、6時間睡眠も5時間睡眠も1日だけで見ればそんなに変わらないなと感じました。
実際7時間くらい寝ても午後に眠くなる事はありますし、5時間しか寝ていなくても仕事が忙しいと仕事が終わるまで眠くならないということもあります。(睡眠不足が続くのは良くないと思いますが)
それよりも、ストレッチや筋トレなどで体を動かした方が1日のパフォーマンスは上がります。
以前、メンタリストのDaiGoさんも1日20分のランニングやウォーキングで1日の幸福度が上がるとおっしゃってました。
毎日30分早く起きて朝活にチャレンジしてみましょう!

自分のために起きれない 他者を巻き込もう

仕事や予定がある時はなんとか起きれるんだけど、自分のためには起きれない
起きてからやればいいやと思って2度寝してしまう

これも僕は本当に多かったです。
ただ、これをやってしまうと結局起きれなかったという自己嫌悪で1日のパフォーマンスが悪くなります

この悩みも他者を巻き込むという事で解決しました。
やり方は、前日に協力者の方に何時に起きるか伝え、起きたら今から何をするかLINEで送るだけです。
(いきなり送ると、相手も迷惑になってしまうのでお互いの朝活のためにやれるといいですね)
朝活内容のLINEを送るという予定のために起きます
送ると自分から言っているので、眠たい中でもなんとか起きれます。
何をやるか考えながらLINEを打つのでそのうちに眠気も覚めてきます。
これも以前、ビジネス系YouTuberのマコなり社長が朝活のグループLINEを活用して、起きてから何をしたかをLINEで送るというのを参考にしました。

僕もそうなんですが、自己管理が苦手という方は本当に効果がある方法です。
LINEの内容は「おはよう」だけじゃなく、できるだけ2度寝しにくい内容がいいです。
起きてから何をしたかや今から何をするかなど、行動に繋がる内容がいいです。
結局、2度寝したらしょうがないですからね 笑

番外編 道具を使う

それでも、朝起きるのが辛すぎるという方は道具に頼るのもいいと思います。
起きる時に使う目覚まし時計ですが、目覚ましの音は本当に嫌になりますよね。
そこで、光で起きる目覚まし時計という商品を見つけたのでここで紹介します。


この光る目覚まし時計は、セットした時間の30分前から徐々に明るくなっていきます。
アラームもついていて、鳥の鳴き声や波の音など心地良いメロディで起こしてくれ、「ジリジリジリ」という嫌な音はありません。

スヌーズ機能や、FMラジオなども付いているので、防災時にも活用できそうです。
そうゆうところも地味に嬉しい機能ですよね。

サイズは直径約17㎝、奥行きは約10㎝で、電源はUSB電源か単4乾電池2本と選べます。

目覚ましの音が嫌、もっとスッキリ起きたいという方にオススメです。

最後に

朝起きるのは慣れるまで大変ですが、早起きを習慣化してアラームなしでスッキリ起きれるようになりたいですね。
今日、紹介したことで1人でも多くの方が早起きや朝活のきっかけになれば幸いです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました