成功者の朝の習慣! 海外実業家7人のモーニングルーティン!

Uncategorized

みなさんは毎朝出社ギリギリに起きて急いで支度して家を出ていませんか?
成功者と呼ばれる人たちは毎朝時間にゆとりを持ち有意義に過ごしています。

みなさんも、成功者の朝の習慣を真似して有意義に過ごしてみましょう。
それでは、成功者と呼ばれる人たちの朝の習慣を紹介します。

海外の実業家の朝の習慣

・ジェフ・ベゾズ Amazon創業者

まずは、Amazon創業者の朝の習慣です。
睡眠は8時間以上とり、目覚まし時計は使いません。
なかなか日本人のサラリーマンで8時間睡眠は出来ないですよねm(_ _)m
目覚ましなしで起きている為、生活リズムが整っているんですね。
長く寝る理由は「長く働くため」だそうです。
いかに睡眠を大事にしているかわかります。

その他にも、朝10時まで会議はしないという決まりもあり、自宅で朝の家族との時間を大切にしているようですね。

・ティム・クック Apple CEO

朝は4時半に起き、睡眠時間は7時間です。
起きたら部下に、メールをしてジムでトレーニングをします。
朝の時間にユーザーコメントに目を通し、今後の企業の成長につなげています。
朝4時半は起床はすごいですね!
朝の貴重な時間を大切にしているんですね。

・イーロン・マスク テスラCEO

7時に起床し、シャワーを浴びる。
朝食は取らずコーヒーを飲む。
睡眠時間は6時間から6時間半。
睡眠時間は十分にとっているそうです。
睡眠不足だと機嫌が悪くなる。
また、睡眠時間を減らしても効率が悪くなり、物事の判断、理解が鈍くなるとのことです。

余談ですが、若い頃は起きている時間は全て仕事、それを週7日行っていたそうです。
本当に仕事の鬼ですね、、、すごすぎです、、

・ビル・ゲイツ Microsoft創業者

朝は教育用DVDを観ながらランニングマシンを行い、瞑想をするそうです。
常に学びの姿勢で生活を送っているそうですね。
瞑想もしているんですね。Googleでも瞑想を取り入れているというのは有名な話ですね。
ビル・ゲイツさんも20代、30代はずっと作業に没頭していたそうです。

・スティーブ・ジョブズ Apple創業者

朝は6時起き、瞑想をする。
スティーブ・ジョブズもやはり、瞑想していたんですね。
「何かをするかと同じくらい何かをしないかは大事」
という名言は僕が好きな名言の一つですね。

・ジャック・ドーシー Twitter創設者

朝5時半起きで、毎朝運動をしているようです。
朝は早く、運動しているのですね。

・ハワード・ショルツ スターバックスCEO

4時半起床。
エクササイズやサイクリングをしてから仕事をするそうです。
朝の時間を大切にし、運動もしているんですね。

まとめ

みなさん共通しているのが、仕事の前に何かしらの活動していますね。
運動だったり、瞑想など家族の時間を大事にしているようです。

僕も仕事の前にしっかり活動して、自分を高めて行きたいと思いました。

それでは、また次の記事で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました