基礎基本について 先輩からの言葉

Uncategorized

こんにちは、ゆーへいです

なんでも、基礎基本は大事ですね。

今回は、僕が尊敬する先輩から教わった基礎基本の具体的な行動、考え方をご紹介します。

どんな職種でも当てはまるとことが多いと思います。
僕自身、初めて行う作業や仕事を行う時は必ず心がけています。

そもそも「基礎基本」とは

基礎」とは、土台となるもの
僕の定義は、準備するもの、こと、環境などです。

基本」とは、実際作業するにあたってのやり方
僕の定義は、基礎で準備したものでどう行動するか。です

「基礎基本」の考え方はいろいろあると思うのですが、
これは僕個人の定義です。

それでは、具体的に「基礎」に
ついて説明します。

基礎

業界の言葉、物の名前

何か頼まれても、物の名前や業界の言葉を知らないと
何もできません。
まずは今いる業界の物、事の名前と意味は
覚えた方がいいです。

何年も仕事をしているのに、業界の言葉や意味を
知らないという人はたくさんいる気がします。

整理整頓

物がどこにあるかわからなければ、仕事をする際
時間のロスになります。
せっかく、物の名前を覚えてもどこにあるかわからなければ
意味がないです。
デスク上だけでなく、パソコン内も整理整頓は
心掛けたいですね。
整理整頓をしながら、物の名前や使い方
覚えるのがいいと思います。
その時に、何も考えず整理整頓するのでなく、
優先順位や使う順番など意識してみると
いいと思います。

目的

目的も僕は基礎だと思っています。
今から、行う作業の目的がわかってないと
何をしていいかわからなくなってしまいます。
たとえば、建物の基礎工事を行うときに
住宅の基礎と、ビルの基礎では
使う材料の量や道具は違いますよね。
使う物や人の数だって、桁が変わってくると
思います。
ここまで、大きな事じゃなくても
今行っている作業の目的や効果
についてはよく理解しましょう。

基本

道具の使い方

ここからは、実際に作業を始めてからの内容になります。
道具の使い方はしっかり覚えましょう。
ここで、よく教えてもらったやり方をやらず、
自分流で使ってしまう人がいるのですが、
基本的には長年やってる人のやり方や
説明書に載ってるようなやり方をした方が絶対いいです。
長年やってる人や、説明書に載っている方法は
何かしら意味があります。
こっちの方が早い自分流は、経験を積んでからの方が
絶対いいです。
スピードばっか求めて、雑な仕事する人
よくいますよね。

物事の順番

作業を行う時の順番は、決まっている順番、初めに教えてもらった順番がいいです。
順番をきにせず作業をしていると、作業の抜けの
原因になります。
一つの順番にこだわる必要はないですが、終わりまでの
道筋は決めた方がいいです。

作業時間の把握

自分が行った作業や仕事にかかった時間は把握
した方がいいです。
仕事をしていく上で
どれくらいで終わる?
と聞かれることは多いと思います。
その時に、すぐに答えられるように
したいですよね。
自分の成長も分かりますし、
早すぎた時は手を抜いたのか、
何か抜けがあるかなど
いろいろ気づくことがあると思います。

ルールを覚える

ルールにはいろいろあると思います。
業界のルール、会社のルール、現場のルールなどです。
全く逆のルールもあると思いますし、絶対に守れとは
思いませんが、知ってる、知らないでは大違いです。
いろんなルールを知っていれば、その時に最適な
言動が見えてきます。

最後に

どれも当たり前のことばかりかもしれませんが、
僕は基礎基本のことで先輩にしょっちゅう怒られていました。
実際当たり前のことですが、意識してやり続けるのは
大変です。
ですが、基礎基本は必ず自分のスキルアップに
必要です。
しっかり意識して、ライバルに差をつけたいですね。

それでは、この記事が誰かの役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました